板橋の塾 穎才学院のブログ 【エイサイブログ】 穎才学院ホームページへ

2013年9月24日

日曜劇場『半沢直樹』、半沢はなぜ出向するのか。

master (2013年9月24日 16:05) | トラックバック(0)
こんにちは、穎才学院教務です。日に日に秋の気配が深まってきました。みなさま、お風邪など召していらっしゃいませんか。

さて、TBSのドラマ、日曜劇場『半沢直樹』が最終回を迎えました。最終回のラストでは、主人公の「半沢直樹」が関連会社への出向を命じられたそうです。私自身は最終回を見ることができなかったのですが、生徒に「せんせー、半沢直樹はみんなのために頑張ったのに、どうして出向させられちゃうの?」と聴かれたので、答えることにしました。先生というのは、弟子から教えを請われたときに的確な応答をするものです。私は、

「それはね、働くということにおいて、個人的努力の対価は、常に個人には戻されないものだからだよ。」

と応えました。その場で咄嗟に内田樹先生の言葉を引用して応えたのですが、後になってから考えてみると、なかなか上手い応答だったなあ、と思いました。さすが、わが師匠。

今回の『半沢直樹』最終回のエンディングは、労働の対価が個人に宛てて遅配なく配給されるものであると信じている人たちにとっては、にわかに理解し難いものであったでしょう。つまり、そのような人々にとって、今回のエンディングは「納得の行かない」ものであったはずです。

しかし、私には「大和田常務」への処分も含めて、『半沢直樹』最終回の内容は非常に理解のし易いものでした。

個人的理由から銀行への背任行為を行った大和田常務は、降格して「東京中央銀行」に残されます。これは、「個人のミスは組織がカバーする」という人類学的な合理性に則った処分です。人類学的に正しい方法は、個人のミスを個人の責任に帰するのではなく、個人のミスを集団で補い合うということです。

東京中央銀行の経営危機を救い、大和田常務の背任行為を暴いて組織の体質改善を訴えた半沢直樹に言い渡された辞令は、部長職への昇格と「東京セントラル証券」という子会社への出向という内容でした。これは、「個人的努力は集団を構成するほかの人々と利益を分かち合うというかたちで報われる」という人類学的原則に沿った展開です。半沢の功績は、東京中央銀行の関係者全員で分かち合うという形で、既に半沢へと饗されました。行員の誰もが、金融庁検査を乗り切り銀行の窮地を脱することができたことを喜んだはずです。この時点で、半沢の個人的努力は人類学上は報われているのです。

もし、半沢が部長に昇格し東京中央銀行本店に留まったなら、半沢は東京中央銀行という組織のための努力に対する報酬を、個人に宛てた昇進という恩賞として受け取ることになってしまいます。それは先に挙げた「個人的努力は集団を構成するほかの人々と利益を分かち合うというかたちで報われる」労働の原則に反することになってしまうのです。

ですから、「中野渡(なかのわたり)頭取」は、銀行の責任者として正しい辞令をくだした、と言えるでしょう。半沢を子会社に出向させる辞令は、半沢が銀行員として正しく働くために必要なものだったのです。

私は、半沢直樹の次回作があったとしても、その脚本が「半沢VS中野渡頭取」という構図を取るとは思えません。おそらくは旧産業中央銀行側とコネクションを持つ政治家、あるいは金融庁の黒川の上司、そうでなければ外資系メガバンクといったところを相手として、半沢や大和田専務、黒川検査官らが手を取り合って戦うはずです。たぶん次回作では、岸川元部長の面目躍如たるシーンが挿入されるはずです。そうでないと、岸川の娘と黒川検査官がわざわざ結婚する必要が、物語の筋として無くなってしまいますから。

なんて、勝手な予想をしましたが、当たるかどうかは、わかりません。ただひとつ、確実に言えるのは、私たちは自分のために働く存在ではない、ということです。誰かのために、組織のために働くということが私たちの喜びであり、個人的努力の成果を集団で分かち合うということが、私たちにとりかけがえのない幸せなのです。

そのことを忘れずに、塾生には勉学に励んでいただき、卒業生には大学・企業など各方面でしっかりと活躍してほしいと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://eisai.sakura.ne.jp/cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/298

 

Copyright c 2009 穎才学院 All Rights Reserved Powered by geniusweb