板橋の塾 穎才学院のブログ 【エイサイブログ】 穎才学院ホームページへ

2010年3月26日

【東大一直線】英語学習法 ローマは1日にして成らず

master (2010年3月26日 21:12) | トラックバック(0)

こんにちは、頴才学院講師の岡村真明(岐阜県立大垣北高校 2005年東京大学文科三類合格)です。
ここでは東大現役合格を見据えた英語の学習法を紹介します。
第一回となる今回は、一〜二年の段階でやっておくべきこと!

ズバリ、文法のマスターです。

 

…え、普通?

 

そうですね、至極平凡な話です。

 

でもね、考えてみてください。


“What makes us human beings?” って文、みなさんは答えられますか?

これを解くには、


・「主語を問う疑問文の作り方」という中学段階の基礎知識
・「make O C」という語法

を理解した上で、さらに

「何が私たちを人間にしているのか?

  ⇒我々を人間たらしめているのは何か?」

という抽象的な日本語を理解できないといけないのです。


「人間たらしめる」なんて言い方!

 

でも、教科書や参考書とかではよくあること。

文法つめこめばいい?

イディオム・単語で完璧?

−いえいえ、たとえこれら1つを極めたところで、この文を理解することにはなりません。

1つの英文を「わかる」ということは、実は、非常に複雑な能力の賜物なのです。

…こう考えてみると、せめて文法(関係詞や、不定詞など)だけでも

早いうちにやっておかないと、と思えてきませんか?

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://eisai.sakura.ne.jp/cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/39

 

Copyright c 2009 穎才学院 All Rights Reserved Powered by geniusweb